ニュース

横浜みなとみらい海の上の醸造所【NUMBER NINE BREWERY】のクラフトビールが「ジャパン・グレートビア・アワーズ2022」で金賞を含む3つのメダルを受賞!

NUMBER NINE BREWERYを代表する「ナンバーナイン・ヘイジー」が金賞を受賞!「ハンマーヘッド・エール」と「キーズ・ピルスナー」が銅賞を受賞し、エントリーした全てのビールでメダルを獲得。

東京・横浜を中心に国内に29店舗のレストランを展開する株式会社HUGE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:新川 義弘 以下HUGE)は、QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)に併設するNUMBER NINE BREWERY(ナンバー ナイン ブリュワリー)で醸造するクラフトビールが、国内最高峰のクラフトビール審査会「ジャパン・グレートビア・アワーズ2022」(3月1日発表)において、エントリーした全てのビールでメダルを獲得。「ナンバーナイン・ヘイジー」が金賞を受賞、「ハンマーヘッド・エール」と「キーズ・ピルスナー」が銅賞を受賞いたしました。

横浜みなとみらい・海の上の醸造所「NUMBER NINE BREWERY」では、”Refreshing & Drinkable!”をコンセプトに、最高のスタータードリンクを目指し、ビールを醸造しております。

また、レストランに併設されたブリュワリーならではの、旬の素材とホップを組み合わせた限定ビールも提供し、香りの豊かさ、ビールのクリアな色合いを大切にしています。
今回、初のエントリーとなったクラフトビア・アソシエーション(日本地ビール協会)主催「ジャパン・グレートビア・アワーズ2022」では、エントリーした全てのビールでメダルを獲得いたしました。NUMBER NINE BREWERYを代表する「ナンバーナイン・ヘイジー」が金賞を受賞。「ハンマーヘッド・エール」と国産ホップ100%で醸造した「キーズ・ピルスナー」が銅賞を受賞しました。

「ジャパン・グレートビア・アワーズ2022」受賞銘柄について

金賞受賞:「#9 Hazy」ナンバーナイン・ヘイジー(abv. 5.0%)

ブリュワリーの名前がついたNUMBER NINE BREWERYを代表する「ナンバーナイン・ヘイジー」は飲みごたえのあるジューシーなペールエール。ホップの香りを存分に楽しんでもらうために、ジュニパーベリーやコリアンダーを入れて輪郭を立たせています。

ワイン酵母も入っており、複数の酵母が組み合わさることで、ナンバーナイン・ヘイジーならではのシトラスのような香りが生まれ、一口目からその味わいをダイレクトに感じて頂けます。

小麦、オーツ麦などからくる”柔らかな口当たり”を追求し、敢えて濁らせていますが、見た目ほど苦くなく、そのギャップも面白い一杯。NUMBER NINE BREWERYといえば、これ!と自信を持ってお勧めできる一杯です。苦いビールは苦手という方にも、是非ホップの華やかな香りと味わいのバランスを楽しんで頂きたいです。

金賞受賞:「#9 Hazy」ナンバーナイン・ヘイジー(abv. 5.0%)

銅賞受賞:「Hammer Head Ale」ハンマーヘッド・エール(abv. 4.0%)

グランドオープンから醸造を続ける「ハンマーヘッド・エール」はNUMBER NINE BREWERYで、最も人気が高いビール。ニュージーランド産のモルトとホップを使った、苦みが少なく爽やかな香りとモルトの味わいが特徴のエール・ビールです。ニュージーランド産のホップは、香りがとても特徴的。フルーティーで、ソーヴィニヨンブランやピノグリ―ジョのような華やかな香りはこのホップだからこそ生み出せます。
ニュージーランドでビール造りを行っていた経験を持つブリューマスター齋藤健吾が、日本では手に入れる事が出来なかったモルトを2年かけて日本に輸入できるよう口説き落とした、想いの詰まったペールエールです。

銅賞受賞:「Hammer Head Ale」ハンマーヘッド・エール(abv. 4.0%)

銅賞受賞:「QUAYS Pilsner」キーズ・ピルスナー(abv. 4.6%)

「キーズ・ピルスナー」は、国産ホップを100%使用し醸造したピルスナー。山梨県北杜市にある小林ホップ農園さんのホップを使用しています。

国産ホップを贅沢に使って醸造するピルスナーは、優しい香りとすっきりとしたのど越しで何度でも飲みたくなってしまう癖になる一杯です。通常、ホップはペレット状にして保管しますが、加工すると香りが飛んでしまうことが難点。国産ホップの香りは非常に繊細なため、NUMBER NINE BREWERYでは摘みたてのフレッシュホップを乾燥させた後真空にして保管し、鮮度を落とさないまま使用しています。国産ホップを使ったビールを通年楽しめるレストランは、QUAYS pacific grillだけです。

銅賞受賞:「QUAYS Pilsner」キーズ・ピルスナー(abv. 4.6%)

ブリューマスター齋藤の、まだスタイルとして認められていない「Japanese Pilsner」 を確立したいという強い想いから誕生した一杯。和食の様にキレイで繊細な味わい、でも奥深さがあって、また口に運びたくなる。そんな飲み飽きないビールを目指しています。

受賞銘柄のクラフトビール3種は、QUAYS pacific grill店内でお楽しみ頂ける他、HUGEオンラインショップ「HUGEst.」(ヒュージスト)にて販売しております。
———————————————–
HUGEオンラインショップ「HUGEst」での販売価格

・NUMBER NINE BREWERY クラフトビール [3種×各2本] 缶6本セット 4,210円(税込)
【内容】#9 Hazy・Hammer Head Ale・QUAYS Pilsner 各2本
・#9 Hazy (ナンバーナイン・ヘイジー) 缶6本セット 4,320円(税込)
・Hammer Head Ale (ハンマーヘッド・エール) 缶6本セット 4,100円(税込)
・QUAYS Pilsner (キーズ・ピルスナー) 缶6本セット 4,100円(税込)
クラフトビールペーパーBOXにお入れしてお届けいたします!

NUMBER NINE BREWERY ブリューマスター 齋藤健吾 プロフィール

NUMBER NINE BREWERY ブリューマスター 齋藤健吾 プロフィール

神奈川県出身。食物販の店長を経て、神奈川県内のビールと日本酒を造る会社に出荷担当として入社。そこで飲んだ美味しいインペリアルスタウトに心を奪われ、自分もこんなビールが造りたいと思いブリュワーを志す。ブリュワーになりたい一心で、舞浜のハーヴェスト・ムーンへ入社。10年間経験を積み、新たなビール文化を学ぶため、2017年にはニュージーランド・オーストラリアに渡り見識を深める。

2019年、NUMBER NINE BREWERYの醸造責任者としてHUGEへ入社。「 飲み疲れしない、でも香り豊かなビールを造りたい 」。その想いをぶらさず、レストランとしてのクラフトビール造りを日々探求している。

~「ジャパン・グレートビア・アワーズ2022」受賞コメント~
「グレートビア」とは、“バランス”、“アフターテイスト”、“状態”が秀でており、なおかつ飲む人の心に残る“魅力”を秘めたビールを指す、という審査基準の中で、今回、技術と魅力を兼ね備えたビールとして、「ナンバーナイン・ヘイジー」が金メダルを受賞できたことは率直に非常に嬉しく、光栄に思っております。

NUMBER NINE BREWERYは「Refreshing & Drinkable!」をコンセプトに、最高のスタータードリンクを目指し日々ビール造りを行っておりますが、今回のコンペティションを通して、私自身のビールへの向き合い方がよりシビアとなり、改善点を発見できる貴重な経験となりました。
今回のコンペティションは単に販促的な意味だけでなく、自身の技術、知識、センスの弱さを見いだせた価値あるコンペティションだったと感じています。

これからも、「飲み疲れしない、でも香り豊かなビールを造りたい」という想いをぶらさず、お客様目線を第一に、レストランとしてのクラフトビール造りを日々探求し、次回は全銘柄で金メダル獲得を目指したいと思います。
———————————————–
参考 :「ジャパン・グレートビア・アワーズ」について
日本で一番古いビール審査会「インターナショナル・ビアカップ」を引き継ぎ、2019年から企画されている。クラフトビールの品質向上を目指し、日本国内で醸造されるビールに特化した審査会。国内最大のクラフトビールコンクールである。
審査会の名称のもとになっている「グレートビア」とは、“バランス”、“アフターテイスト”、“状態”が秀でており、なおかつ飲む人の心に強く残る“魅力”を秘めたビールを指す。審査会ではこの 3 点と“魅力”を重点的に評価し、数字で得点をつけるという方法を採用している。審査の基準は国際標準化されているガイドラインに基づき、メーカー名・ブランド名を伏せたブラインド方式で行われる。

ご購入は、” レストラン品質を食卓に ” HUGEオンラインショップ「HUGEst.」(ヒュージスト)

NUMBER NINE BREWERYの缶ビールをご購入頂けるのは、HUGEオンラインショップ「HUGEst.」(ヒュージスト)。レストランの品質をご自宅でも楽しんで頂きたいという想いから、2020年4月にオープン。

日本国内ではHUGEでしか飲めないエクスクルーシブワインや、NUMBER NINE BREWERYと同じくQUAYS pacific grill内に併設するNUMBER EIGHT DISTILLERY(ナンバーエイト ディスティラリー)で造られるNUMBER EIGHT GINなど、レストランで人気の商品がラインナップ。レストランの専属野菜バイヤーが直接買い付けた、「有機・特別栽培 レストランの野菜ボックス」は「ベストお取り寄せ大賞2021」で銅賞を受賞。
URL:https://huge-ish.stores.jp/

HUGEst.

「QUAYS pacific grill」ニューアメリカンとクラフトを楽しむ今までにない体感型レストラン

様々なクラフトを実現する、新たな‟大人達の集合場所”。海に囲まれた横浜ハンマーヘッド内の2フロアからなる店内は、開放感のあるメインダイニング、テラスに加えて、レストラン内にビール醸造所・ジン蒸留所・コーヒー焙煎所を併設しています。存在感を放つバーカウンター、店内まで香りを漂わせるコーヒー焙煎所。そしてガラス張りのビール醸造所を見ながら螺旋階段を上ると、ジン蒸留所と落ち着いた雰囲気を醸し出すバーエリア。オープンキッチンを中心に広がるメインダイニングからはみなとみらいの景色が一望でき、まるで船上で食事をしているかのような気分を味わうことができます。​

QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)

QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)
神奈川県横浜市中区新港2-14-1横浜ハンマーヘッド1・2F
HP:http://quayspacificgrill.jp
Instagram:https://www.instagram.com/quayspacificgrill/
Facebook:https://www.facebook.com/QUAYSpacificgrill/

NUMBER NINE BREWERY(ナンバー ナイン ブリュワリー)
Instagram:https://www.instagram.com/numbernine_brewery/
Facebook:https://www.facebook.com/NumberNineBrewery/

HUGEについて

株式会社HUGE(代表取締役社長 兼 CEO:新川 義弘)は、「街の資産となる」という理念の元、RIGOLETTO(リゴレット)やHacienda del cielo(アシエンダ デル シエロ)など国内に29店舗のレストランを展開。その街に求められているものは何なのかを考え、チェーン展開ではなく一つ一つ丁寧に街に合わせたレストラン創りをしています。また「スパニッシュイタリアン」や「モダンメキシカン」、「モダンアジアン」など独自の食のジャンルを確立し、レストランを通して新しい文化を創る役割も担っています。HUGEのレストランだからこそ体験できる、‟日常の中の非日常”をお楽しみください。

HUGEについて

本件に関するお問い合わせ先

広報:原田聡子(はらださとこ)・合田倫子(ごうだのりこ)
TEL:03-5724-6127 EMAIL:pr@huge.co.jp

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。