ニュース

金秀が「県民に愛されるビール造る」と初参入 3月から店頭販売へ 沖縄の素材で試作中の商品とは?

金秀ホールディングス(HD、那覇市、新垣秀彦社長)は22日、クラフトビールの製造を始めると発表した。3月中旬から、那覇市旭町にある金秀本社1階の醸造所「カネヒデクラフトブルワリー」で店頭販売する。年間14キロリットルを製造し、年間売り上げ1400万円を目指す。ビール製造事業の参入は初めて。

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。