新発売

数学・情報数理学のチカラで学生がレシピデザインしたクラフトビールを3月7日(月)販売開始

店内のメニュー看板も学生が作成

習志野市のブルワリー「むぎのいえ」で店内提供

 千葉大学大学院理学研究院 数学・情報数理学研究部門の萩原学教授と千葉大学の有志学生のチームは、クラフトビールのレシピデザインにあたり、フルーツ感・ノーブル感といった数値で表しにくい側面を数学・情報数理学的に扱う手法を開発しました。さらにこの手法をもとに、学生がオリジナルのクラフトビールのレシピをデザインし、習志野市のブルワリー「むぎのいえ」の協力のもと完成させました。3月7日より同店内にて販売開始します。

完成したビール「Chiba Dorado 0 (チバドラドゼロ)」

エルドラドホップをふんだんに使用して、トロピカルノートのジューシーさと爽やかな苦みのあるアメリカンスタイル・ペールエールになりました。白い泡の下には、透き通った麦わら色のボディ。ピルスナー系大麦麦芽、カラメル麦芽、そして小麦麦芽のブレンドにより、奥行きのある甘味を感じられます。

「Chiba Dorado 0」「Chiba Dorado 0」

背景とこれまでの取組み

萩原教授と千葉大学の学生たちは、2021年にクラフトビールプロジェクトを発足させ、今回がビール造り第2弾となります。今回初めての試みとして、学生がレシピ作りにも挑戦することとし、数学・情報数理学の活用によって「香り・雰囲気」といった数値化の困難な抽象概念を視覚化することで、ビール造り未経験者でも材料を選定できる独自手法を開発しました。この手法で初めてデザインされたレシピを、むぎのいえの協力のもと実際に醸造することとなり、レシピを作成した学生たち自ら仕込み作業にも参加しました。

店内のメニュー看板も学生が作成店内のメニュー看板も学生が作成

販売について

~ならしのクラフトビール~ むぎのいえ(習志野市谷津4-6-33K&Y時遊館1階 HP:https://www.muginoie-beer.com/)にて、3月7日の営業より店内提供します。(無くなり次第終了)
※ ボトル・缶などでの販売はありません。

プロジェクトメンバーのコメント

法政経学部2年 吉田優芽:
貴重な体験をさせて頂いた醸造所のむぎのいえに感謝しています。勉強会や醸造のお手伝いを通じて、クラフトビールの奥深さを垣間見ました。私たちの活動がクラフトビールを楽しむきっかけになってくれれば嬉しいです。
大学院理学研究院 教授 萩原学:
ビールと数学を結びつける挑戦、学生達によるレシピ作りへの挑戦、クラフトビールコンテストへの挑戦、醸造所と大学による共同醸造への挑戦。様々な挑戦が形になりました。Chiba Dorado 0を通じて、千葉大学を身近に感じて頂ければ幸いです。

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。