新発売

長野のヤッホー、10年ぶりに全国向けクラフトビール

ヤッホーの10年ぶりの全国向け商品「裏通りのドンダバダ」

クラフトビール大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は10年ぶりに全国販売の新製品を投入する。白ワインのシャルドネにも似ているという果実と木のような爽やかな香りが特徴で、ドライで飲み応えのある味わいに仕上げたという。クラフトビールのさらなる販売拡大につなげる。

ヤッホーの10年ぶりの全国向け商品「裏通りのドンダバダ」ヤッホーの10年ぶりの全国向け商品「裏通りのドンダバダ」

裏通りのドンダバダ」を22日から全国のローソンなどで販売する。自分の好きなことに夢中な20代男性などを中心顧客に想定。高温での発酵やブドウ糖の使用などで、従来製品とは異なる香味を実現したという。価格は1缶294円。同社のビールを扱う都内の飲食店「YONA YONA BEER WORKS」でも提供する。

同社の全国向け製品は現在、主力の「よなよなエール」など5種類。井手直行社長は新製品を通じて「クラフトビール市場を盛り上げたい」と話している。

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。