ニュース

香りと味わいが魅力のクラフトビールの風味をAIで言語化 近鉄リテーリングが展開する「Yamato Brewery」にて KAORIUM 導入開始

香りと味わいが魅力のクラフトビールの風味をAIで言語化 近鉄リテーリングが展開する「Yamato Brewery」にて KAORIUM 導入開始

~ 2022 年 3 月 24 日から楽しめる ~

嗅覚のデジタライゼーションによって新たな顧客体験を提案するSCENTMATIC 株式会社(代表取締役:栗栖俊治、本社:東京都、以下「セントマティック」)は、2022年3月24日から近鉄リテーリングが展開するクラフトビール醸造所「Yamato Brewery」の直営店舗、奈良県のYAMATO Craft Beer Table 大和西大寺駅店および、近鉄奈良駅YAMATO Craft Beer SWITCH にて香りを言語化するAI システム「KAORIUM (カオリウム)」を導入いたします。

香りと味わいが魅力のクラフトビールの風味をAIで言語化 近鉄リテーリングが展開する「Yamato Brewery」にて KAORIUM 導入開始

流行で種類が急増する「香りが魅力のクラフトビール」
香りと風味を言語化するA I「KAORIUM」がクラフトビール選びをサポート!

KAORIUM は、インターネット上の膨大な言語表現と、人々の香りの感じ方や風味情報を学習したAI システムです。最先端のテクノロジーであるKAORIUM によって言語化された香りや風味のイメージを頼りに、直感的に自分の好きな香りや風味ある商品を探すことが可能になります。

これまで、表現が難しかったフレグランス商品や日本酒など、様々な分野でKAORIUM が活用されてきました。今回は、史上初となる「クラフトビール」を対象に、KAORIUM を飲食店向けに開発。香りや味わいが個性的な「クラフトビール」は、1994 年に地ビールとしてブーム以降、2010 年頃から熱が再燃。コロナ禍による家飲み需要が増えてきたなか、大手ビールメーカーも積極的に展開をはじめたことで市場が伸び、流行化から定番化してきました。映えるラベルや個性的な色味・香りの魅力による「自分に合う、自分らしいお酒選び」という楽しさを創出したことで、特にお酒離れと言われている若い世代に消費が拡大。現在では、全国で500以上ものブルワリーがクラフトビールを醸造し、まだまだ進化し種類が増え続けています。

今回のクラフトビール醸造所「大和醸造(Yamato Brewery)」の大和醸造定番ビールは2020 年以降、【ジャパン・グレイトビア・アワーズ2021】金賞/銀賞/銅賞、【インターナショナルビアカップ2021】の金賞、カテゴリーチャンピオンも受賞する今注目のクラフトビールです。従来では表現が難しく、魅力を伝えきれていなかったクラフトビールの個性的な特徴や香り・風味をKAORIUM で可視化することで、新たな選び方が可能になり、その時に飲みたい自分らしいお酒を選ぶことができます。

「黒糖」「わさび」などの風味を表す言葉から
「そよ風に揺れる果実」といった感性を表す言葉まで
今まで感じ取ることのできなかった奥深い味わいを感じられるような体験を提供

香りと味わいが魅力のクラフトビールの風味をAIで言語化 近鉄リテーリングが展開する「Yamato Brewery」にて KAORIUM 導入開始

「大和醸造定番ビール」と呼ばれる4種類のクラフトビールを、KAORIUM が香りや印象、また情景に喩えた様々な言葉で可視化。スマートフォンで店内(ビールサーバー横)に掲載されている二次元バーコードを読み込むと、クラフトビールの特徴がわかりやすく表現された言葉が表示され、自分が求めるイメージにもっとも近い言葉を頼りに、今求めるクラフトビールを選ぶことができます。

またKAORIUM が導き出す言葉を見ながらクラフトビールを味わうことで、今まで感じることのできなかった奥深い風味や味わいに気付くことが可能となります。

今後もセントマティックでは、日本酒やビールといった飲食品を扱う小売店向けにKAORIUM の開発・導入を進めていく予定です。

KAORIUM 導入店舗概要

店舗:YAMATO Craft Beer Table 大和西大寺駅店

住所:奈良県奈良市西大寺国見町1丁目1-1 Time’s Place 西大寺内
YAMATO Craft Beer Table 大和西大寺駅店

店舗:YAMATO Craft Beer SWITCH

住所:奈良県奈良市 東向中町29 近鉄奈良駅構内
YAMATO Craft Beer SWITCH

営業時間:WEB サイトでご確認ください。
WEB サイト:https://yamato-brewery.com

ご担当者様からのコメント

世界に数百種類あるビールのスタイル。大和醸造でも定番シリーズ『はじまりの音』の4 種をはじめ、さまざまなビールを醸造しています。それぞれのビールの風味・香りの伝え方には試行錯誤してきましたが、KAORIUM では、味の表現だけでなく食材や情景に例える多様な表現方法で、まさにクラフトビールの表現にはぴったりだと感じています。風味言語を見ながら味わうことで新たな風味の気づきなど、新たなビールの味わい方を楽しんで頂きたいです。

香りと言葉を変換するAI システム「KAORIUM」とは

KAORIUM は、セントマティックが開発した香りと言葉を相互に変換するAI システムです。最先端のテクノロジーによって、曖昧で捉えにくい香りの印象を言葉で可視化したり、ある言葉に紐づく香りを導き出したりすることを可能にします。また、言葉を意識しながら香りを深く味わう体験は左右両脳を活性化し(※1)、私たちのまだ見ぬ感性への気付きをもたらします。香りと言葉をつなぐ今までにない体験が生み出す価値は、フレグランスの世界にとどまらず、感性教育、飲食体験、購買体験など様々な分野に新しいビジネスチャンスを生み出すものとして、その可能性に大きな期待が寄せられています。
(※1)参照元:「注意が脳での嗅覚処理に及ぼす影響 ―脳波計測により匂い呈示後1 秒以内の脳活動の変化を検出―」https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20190322-1.html

香りと言葉の変換システム「KAORIUM」のコンセプトモデル香りと言葉の変換システム「KAORIUM」のコンセプトモデル
「KAORIUM」のコンセプトイメージ「KAORIUM」のコンセプトイメージ

【SCENTMATIC 株式会社】

セントマティックは、香りを言語化するAI システムを用いて、あらゆるものに“情緒的な体験価値”をプラスできる香りの共創型の香りのビジネスデザイン集団として2019 年に設立しました。五感の中でも最も未知な領域であった「嗅覚」に着目し、香りを言語化するAI ツール「KAORIUM」を開発しています。これまで「香り」という概念は個人の感覚の違いにより他者へのイメージの伝達が難しく、明確な指標というものが存在しませんでした。KAORIUM の登場により様々なビジネス上での”香り”の活用が期待できます。セントマティックが取り組むのは「嗅覚のデジタライゼーション」。それは、香りと言葉による「香りの体験」によって人の感性を進化させ、あらゆる業界のビジネスに革新をもたらします。

代表者 :代表取締役 栗栖 俊治
所在地 :〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4 丁目22 番7 号 6 階
URL :https://scentmatic.co.jp

【株式会社近鉄リテーリング】

株式会社近鉄リテーリングは、近鉄グループの流通事業の中核会社として、近鉄駅構内の「駅ナカ」店舗をはじめ、沿線内外で 多様な業態の物販・飲食事業を経営しています。2020 年1 月6 日に、ビール製造免許を取得し、近鉄奈良駅前にクラフトビール醸造所『大和醸造(Yamato Brewery)』を開業しました。オリジナルクラフトビールを通じて、この地域の新たな魅力を発信していきます。

代表者 :大矢 茂伸
所在地 :〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区6-5-13 上本町YUFURA8 階
URL :https://kintetsu-retailing.co.jp

◎クラフトビール醸造所『大和醸造(Yamato Brewery)』

所在地 :奈良県奈良市東向中町6番地奈良県経済倶楽部ビル1階
URL :https://yamato-brewery.com

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。