ニュース

世界で人気の「ブルックリン・ブルワリー」ブランド パッケージをリニューアル

ブルックリン・ブルワリー

~夏限定の「ブルックリンサマーエール」を発売~

キリンビール株式会社(社長 堀口英樹)は、米国の代表的なクラフトビールメーカーであるブルックリン・ブルワリー社(米国ニューヨーク、CEO Eric Ottaway/President Robin Ottaway)のブランド「ブルックリンラガー」「ブルックリンソラチエース」「ブルックリンディフェンダーIPA」のパッケージをリニューアル※1します。
また、「ブルックリンサマーエール」を5月30日(月)※2から「Tap Marché(タップ・マルシェ)」で、5月31日(火)からびん・缶商品※3を全国の飲食店および量販店で、6月2日(木)からキリンオンラインショップ「DRINX」にて、それぞれ期間限定で発売します。また、会員制 生ビールサービス「キリン ホームタップ」でも取り扱いを開始し、6月2日(木)よりお届けします。

※1 「ブルックリンラガー」「ブルックリンディフェンダーIPA」は4月製造品より、「ブルックリンソラチエース」は5月製造品より順次切り替え
※2 ECサイトでの受注開始日
※3 量販店では主に缶商品の販売を予定していますが、一部びん商品取り扱いの可能性があります。びん商品は主に飲食店で販売予定です。

コロナ禍を機に高まっている「自宅でちょっと良い時間を過ごしたい」「家飲みを今よりも充実させたい」というニーズなどから、国内における2021年のクラフトビール市場は前年比約2倍に伸長※4しています。「ブルックリン」ブランドは、家庭内での需要増により「ブルックリンラガー」缶の販売が大きく伸長し、2021年の販売数量は前年比164%とブランド全体をけん引しています。また、クラフトビールカテゴリーの拡大をきっかけに「ブルックリンラガー」の需要も高まり、2019年からの3年間で販売数量が約3倍※5となるなど、好調に推移しています。
※4 キリンビール推計
※5 インテージSRI+(量販5業態計)

ビールづくりの町、ブルックリンで1988年に創業した「ブルックリン・ブルワリー」は、「ブルックリンラガー」をはじめ、香り・味あふれるビールを生み出し、最後の一滴までおいしいクラフトビールにこだわり続け、現在では世界30カ国以上で愛される、アメリカを代表するクラフトブルワリーになりました。
当社はクラフトビールを通じてビールのおいしさの選択幅を広げ、ビール類市場の活性化につなげることを目指しています。今回、全世界で展開している「ブルックリン」ブランドのパッケージリニューアルと、2019年の発売以来今年で発売4年目となる「ブルックリンサマーエール」の発売を通じて、日本国内のお客様に海外クラフトビールのおいしさや特別感を伝え、クラフトビールカテゴリーの成長に寄与すべく取り組んでいきます。

●「ブルックリン・ブルワリー」ブランド 新パッケージデザインについて

海外クラフトビールのおいしさ・特別感が伝わるデザインにブラッシュアップしました。

ブルックリン・ブルワリー

●「ブルックリンサマーエール」について

夏限定の華やかですっきりした味わいで、毎年好評いただいている商品です。
スッキリと飲みやすいのに、味わいがあるペールエールで、サラダやシーフード、肉・野菜のグリルとよく合います。夏にぴったりのおいしさが直感的に伝わるデザインです。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

商品概要

■「ブルックリン・ブルワリー」ブランド

1.商品名   ①「ブルックリンラガー」
②「ブルックリンソラチエース」
③「ブルックリンディフェンダーIPA」
2.発売日    ①③4月製造品より順次切り替え ②5月製造品より順次切り替え
3. 容量・容器   ①350ml缶、330mlびん ②③330mlびん
4. 価格      オープン価格
5.アルコール分 ①5% ②7% ③5.5%

「ブルックリン・ブルワリー」ブランド

■ブルックリンサマーエール

1.商品名    「ブルックリンサマーエール」
2.発売日・容器容量・販売場所 ※数量限定のため、無くなり次第終了となります。
①5月30日(月)3LPET Tap Marché設置飲食店の一部店舗
②5月31日(火)330mlびん・350ml缶 飲食店および量販店※3
③6月2日(木)330mlびん・350ml缶
キリンオンラインショップ「DRINX」https://drinx.kirin.co.jp/
④6月2日(木)1LPET 「キリン ホームタップ」
3. 価格オープン 価格
4.アルコール分 5%

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。