ニュース

コロナ禍でも来店客数を3倍にした「そばカフェMONZA。」が 天童ブルワリーの「幻のクラフトビール」を扱った ビアテラスを備えて4月16日にグランドオープン!

ビアテラスとクラフトビール

山形県・蔵王温泉にて宿泊業と「そばカフェMONZA。」を営む株式会社 蔵王サンハイム(代表取締役 舩見 勝/山形県山形市蔵王温泉字川前)がビアテラスを備えて4月16日に正式なグランドオープンをいたします。ビールは、山形で湯上がりに特化したクラフトビール製造を行う有限会社天童ブルワリー(株式会社一楽荘/代表取締役社長 佐藤 まり/山形県天童市鎌田本町)が開発した「蕎麦ドライ」と「天使のさくらんぼ」を利用します。

URL: https://www.center-plaza.jp/

ビアテラスとクラフトビールビアテラスとクラフトビール

■山形の地ビールを提供するビアテラスをオープン。観光拠点として蔵王地域の価値向上。

2021年12月12日に「そばカフェMONZA。」の営業を開始して、スキー客を中心に多くの観光客に利用して頂いています。しかし蔵王温泉は紅葉、スノーシーズンの観光客数は多いですが、雪が少ないシーズンは観光客数が激減してしまう課題があります。その為、グリーンシーズンでも蔵王温泉を楽しめるようにビアテラスをオープンします。一年を通して夏でも涼しい蔵王で温泉に入って山形で作ったクラフトビールを外で観光客に楽しんでもらえるようにしたいと思っております。

地ビールには天童で旅館業を営む「桜桃の花 湯坊いちらく」館内で醸造される「天童ブルワリー」が開発したビールである「蕎麦ドライ」と「天使のさくらんぼ」を利用します。提供価格は1杯800円(税込)からの提供となります。

■事業再構築補助金でそばカフェをオープンして来客人数を大幅改善した実績が評価

イメージ(1)イメージ(1)
イメージ(2)イメージ(2)

東京や宮城を中心に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などが発令される中、去年12月12日にレストランカフェである「そばカフェMONZA。」をリニューアルオープンさせました。スキー客を中心に賑わうスノーシーズンでありますがコロナ禍で大幅に観光客が減る中でも開業一ヶ月で1,600人の来店を達成。コロナ前のレストランの来店人数より3倍以上に改善したことがメインバンクとする地元の金融機関「きらやか銀行」にも高く評価されました。

今回のビアテラス事業の開始にはメインバンクの支援もあり実現いたします。この機会を通して蔵王温泉全体の観光客が増やせるように商品力を高めていきたい狙いがあります。

■温泉旅館が開発した「湯上がりの喉越しに特化」したクラフトビールを利用

天童ブルワリーのビール醸造所天童ブルワリーのビール醸造所
蕎麦ドライと天使のさくらんぼ蕎麦ドライと天使のさくらんぼ

「蕎麦ドライ」は入浴後のビールを楽しむという発想から1999年よりビール作りを行っている天童ブルワリーの代表的なビール。蕎麦粉を使用したコクとキレが自慢のピルスナー。その喉越しはエールビールでは実現が難しく、ラガービールで作ることで「湯上がり最高の1杯」を演出します。年間の蕎麦消費量が日本一である山形ならではの貴重なビールであり、そばカフェとマッチした地ビールです。

さくらんぼビール「天使のさくらんぼ」は女性でも飲みやすいビールです。これも山形ならではのフルーツのビールを作りたいという想いから1999年より製造しています。山形では初めてフルーツビールを作っている為、歴史もあり、根強い人気があります。

●なぜ20年間、門外不出だった幻のクラフトビールを取り扱うのか

元々は旅館「桜桃の花 湯坊いちらく」内での入浴者を対象に少量生産をしていた為、門外不出の幻のクラフトビールでした。しかしコロナ禍で山形全体の観光客数が減少する中、温泉が多い山形全体の観光資源として取り扱う方針に転換。去年より補助金などを利用して醸造タンクを増設。それに伴い、生産量を上げて山形全体の観光資源として取り扱えるように品種改良を行っており、さくらんぼビールも飲みやすい味わいに改良しています。

今回はビアテラスといった形で蔵王地区の観光資源を作る想いと観光客を増やす目的に賛同していただき、コラボレーションが決定しました。今後の天童ブルワリーは山形でしか作れないビールを中心にレシピ開発を行い、フルーツビールの商品ラインナップを夏期に増やす予定です。合わせてリブランディングも行い、さらなる観光資源開発を行います。

旅館 桜桃の花 湯坊いちらくの外観旅館 桜桃の花 湯坊いちらくの外観
クラフトビールイメージクラフトビールイメージ

■今後の展開

「そばカフェMONZA。」はグリーンシーズンでの観光客誘致を狙い、ビアテラスでの商品数やラインナップを増やします。さらにテラスの改良や併設する日帰り温泉施設をそばカフェ利用者が入りやすくなるようにリニューアルをする予定です。

新たな商品設計はワーケーションやテイクアウトを意識したメニューの提供により、レジャー以外での集客を図ります。地ビールのラインナップもその他のブルワリーと連携して、山形にある多くの種類のクラフトビールを楽しめるように計画をしております。

●有限会社 蔵王サンハイム 代表取締役 舩見 勝のコメント

この度は蔵王の自然と健康(蕎麦、地元農産物、温泉)をテーマに、2022年4月16日「そばカフェMONZA。」をグランドオープンさせていただきます。雪が解けグリーンシーズンを迎えるにあたり、ウッドテラスを本格的にオープンし、蔵王の自然を満喫しながら食事やコーヒータイムを楽しんでいただけるよう準備を進めております。従来の山形名物「手打ちそば」はもちろん、新たなカフェメニューも用意致しました。

グランドオープンの目玉としましては、天童ブルワリー様の「蕎麦ドライ」「天使のさくらんぼ」などの山形ならではの地ビールを提供します。お酒も楽しめますが、Wi-Fi通信環境の整備されたワーケーションスペースで過ごすことも可能です。蔵王山の豊かな自然、山形の味覚、名湯蔵王の温泉を大いに満喫していただけるように皆様のお出かけをお待ち致しております。

●有限会社天童ブルワリー(株式会社一楽荘)のコメント

天童ブルワリーのコメント天童ブルワリーのコメント

天童ブルワリーは、1999年、天童温泉の旅館「桜桃の花 湯坊いちらく」の館内に誕生したマイクロブルワリーです。コンセプトは「湯あがりに、一杯。」。山形の上質な軟水をベースに、天童産のフルーツや穀物を使用し、低温長期熟成のラガー製法一筋で歩んできました。

今回は、そばカフェMONZA。さんとのコラボレートということで、「蕎麦ドライ(ピルスナー)」をお届けいたします。温泉をこころゆくまで堪能したあとは、お蕎麦同様“のど越し”で味わっていただければ幸いです。

■会社概要

商号       : 有限会社 蔵王サンハイム
代表者      : 代表取締役 舩見 勝
所在地      : 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉字川前903番地の2
URL       : http://www.center-plaza.jp/ (「ZAOセンタープラザ」で検索)
天童ブルワリーURL: https://tendo-brewery.itiraku.com/

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。