ニュース

さいたま産小麦でビール、武蔵野銀行・氷川ブリュワリー

完成披露式に出席した武蔵野銀行の長堀頭取㊧と氷川ブリュワリーの菊池社長(9日)

武蔵野銀行はクラフトビールを提供する氷川ブリュワリー(さいたま市)と共同でさいたま市産の小麦を使ったビールを開発し、9日にさいたま市の同行本店で完成披露式を開いた。地元企業などと小麦の生産や小麦を使った商品の開発を進める「6次産業創造プロジェクト」の一環で、今回は同行が今年創業70周年を迎えたのを記念し商品化した。

クラフトビールはさいたま市内で栽培している小麦やホップにカナダ産麦芽をブレンドし、氷川ブリュワリーが製造した。小麦の香りが強く、スパイシーかつほんのりとした甘みが特徴だ。

続きを読む

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。