ニュース

想像から生まれる一杯を。Backpackers’ Japanが手掛けるブルワリー兼ビアパブ「BEER VISTA BREWERY」が、12月1日、森下・清澄白河エリアにオープン

< BEER VISTA BREWERY 公式インスタグラム: https://www.instagram.com/beervista_brewery/ >

2023年春からオリジナルビールの醸造開始を予定

株式会社Backpackers’ Japan(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:藤城昌人)及び合同会社Beer Vista Brewery(本社:東京都江東区、代表社員:藤城昌人)は、「A Pint of Imagination -想像から生まれる一杯を- 」をコンセプトに掲げるブルワリー兼ビアパブ「BEER VISTA BREWERY」を森下・清澄白河エリアにオープンします。2022年12月1日(木)よりビールや食事を楽しむことができるビアパブとしてオープンし、2023年春よりオリジナルビールの醸造開始を予定しています。

< BEER VISTA BREWERY 公式インスタグラム: https://www.instagram.com/beervista_brewery/ >< BEER VISTA BREWERY 公式インスタグラム: https://www.instagram.com/beervista_brewery/ >

◆BEER VISTA BREWERYについて

森下駅と清澄白河駅のほぼ中間に位置し、双方の駅から徒歩5分ほどの立地です。もともと印刷所だった建物をリノベーションし、ブルワリー兼ビアパブとしてオープンします。飲食スペースと醸造スペースが隣接しているので、実際に醸造されている場所のすぐそばでビールと食事を楽しむことができます。
ビールは、日常的に飲みやすいスタンダードなものからインパクトのある個性的なものまで幅広く取り揃え、料理は「BEER FRIENDS」をテーマに、旬の食材を使った親しみやすさと驚きを両立した一皿を、ジャンルにとらわれず自由に提供していきます。

◆コンセプト

◆美しく広がる景色、過去、そして未来へ

「Vista」とは、ベラビスタやブエナビスタなど、眺めがよく、人々が集まる場所に用いられる言葉で「美しく広がる景色」や「過去の回想や未来への展望」を意味しています。
いつでも美味しいビールが飲める醸造所。年齢や国籍を問わず、さまざまな人が集う場所。飲むシーンへの想像を込めた一杯をきっかけに、過去の思い出を語り合い、未来への展望が広がっていく。そんな場所になること想い「BEER VISTA BREWERY」と名付けました。

◆歴史と文化の交差点、森下

BEER VISTA BREWERYのある森下は、江戸時代から続く銭湯「常盤湯」をはじめ、喫茶店や居酒屋など、古きよき下町風情を感じられる地域です。かつて運河としての役目を担った小名木川と隅田川の交差する萬年橋から見る空は広く開けていて、季節ごとに気持ちのいい風が通り抜けます。また、ユニークな個人店、ロースタリーカフェやギャラリーなど、新たな文化が数多く生まれる清澄白河とも隣り合い、長く積み上げられてきた歴史と新しく生まれゆく文化が交差するエリアです。

◆STUDIO DIG.による店舗デザイン

私たちSTUDIO DIG.は「A Pint of Imagination」というコンセプトを「シチュエーションから創造されるビール」と捉え、情緒的な物語から醸し出される1杯をより開放された感性で味わい、愉快な乾杯ができる空間を目指しています。
デザインテーマには、4畳半から宇宙を創造できる茶道の精神性へのオマージュを込め、「Japanese, Material, Craft」という言葉を据えました。かつて印刷工場だった頃の記憶が残る壁をメインマテリアルとし、最低限の要素で空間を構成。カウンターに施す黒谷和紙をはじめ、国産のユニークなマテリアルがBEER VISTA BREWERYの想いを伝えてくれることと思います。

店内に使用するマテリアル店内に使用するマテリアル

◆ビールについて

自家醸造するビール

自家醸造するビール

クラフトビールは、スタイルや味とともに、日常の多様なシーンを彩る可能性を備えています。スペックだけではなく、そのときの気分やストーリーからビールを選ぶことができたら、思いがけないような新たな出会いや楽しさが生まれるのではないか。誰が、いつ、どこで、どんな気持ちで、その一杯を飲むのか。その先に広がる景色を想像しながら、私たちはビールづくりを行います。

ゲストビール

自家醸造を開始するまでは国内外のさまざまなビールをセレクトし提供します。ビールをこよなく愛する方から、これからビールの世界に足を踏み入れたい方まで、幅広くクラフトビールの魅力を知っていただくため、日常的に飲みやすいスタンダードなものからインパクトのある個性的なものまでバランスよくセレクトします。

◆料理について

想像から生まれる一杯を。Backpackers’ Japanが手掛けるブルワリー兼ビアパブ「BEER VISTA BREWERY」が、12月1日、森下・清澄白河エリアにオープン

ビールのよき相棒となる、カジュアルでオープンなジャンルにとらわれない料理。繋がりのある生産者さんから届く旬の食材を使い、親しみやすさと驚きを両立したビアフレンドリーな一皿を目指します。一人でも、大人数でも、肩肘張らずにビールと料理を楽しめる場をつくることを目指し、スタイルも味も多種多様なビールと同じように、料理もジャンルレスに自由に提供していきます。

◆イベントについて

他のブルワリーとのコラボやアート展示、音楽イベントなど、分野を横断したイベントを開催し、ビールとさまざまなカルチャーがクロスオーバーする場をつくっていきます。

◆オープン日程

プレオープン:11月19日(土)〜11月23日(水)(営業時間:16-22時)

この期間はプレオープン期間として、ビールや料理の種類をグランドオープンの7割ほどに縮小し、試験運用も兼ねて営業させていただきます。予約不要でどなたでもご入店可能です。

オープニングパーティ:11月26日(土)〜27日(日)(営業時間:14-21時)

オリジナルのコラボビールやゲスト店舗によるフードの提供など、特別なコンテンツをご用意し、オープニングパーティを開催します。プレオープン同様、予約不要でどなたでもご入店可能です。

グランドオープン:12月1日(木)〜 (営業時間:16-22時)

ビールや料理の種類をフルラインナップでご用意し、通常営業を開始します。

◆事業責任者兼ブルワー 古里大輔より

事業責任者兼ブルワー 古里大輔より

10年以上に渡り、Backpackers’ Japanのホステルのラウンジでバーテンダーを務めてきましたが、ずっとビールを飲むことが大好きで、ついに醸造にチャレンジすることになりました。
私にとってビールは、伝統や歴史を感じる尊敬すべき偉人のようなものであり、絶えず実験をしながら創作にトライする前衛的な音楽のようなものであり、ごく日常的で大切に思える家族や友人のようなものでもある、本当にすごい存在です。クラフトビールの魅力をたくさんの人たちに伝えることによって、日本のビールシーンをさらに盛り上げ、愛すべき文化として発展させていく一翼を担うことができたら幸いです。

◆店舗概要

所在地: 東京都江東区常盤2-13-17 トキワハイツ1F
オープン日程:
・プレオープン:11月19日(土)〜11月23日(水)
・オープニングパーティ:11月26日(土)〜27日(日)
・グランドオープン:12月1日(木)〜
営業時間:16-22時
醸造開始予定:2023年春
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/beervista_brewery/

◆会社概要

合同会社Beer Vista Brewery

所在地:東京都江東区常盤2-13-17 トキワハイツ1F
設立日:2022年10月3日
代表者名:代表社員 藤城昌人
事業内容:
・ビールその他酒類等の製造及び販売
・飲食店の経営、企画及び運営
・各種グッズ等の企画及び販売

株式会社Backpackers’ Japan

所在地:東京都台東区蔵前2-14-13
設立日:2010年2月12日
代表者名:代表取締役CEO 藤城昌人
事業内容:
・ホテル・ホステルの企画及び運営、プロデュース
・キャンプ場の企画及び運営、プロデュース
・飲食店の運営
・製造及び小売業
Webサイト: https://backpackersjapan.co.jp/company/

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。