ニュース

世界遺産推薦決定で大注目が集まる佐渡から、ついに“離島クラフトビール”完成間近!

昨年9月に佐渡市両津地区にオープンしたt0ki brewery(トキブルワリー)。佐渡で初めてのクラフトビールのブルワリーということで、島内外から大きな注目を集めています。

8タップを完備したタップルーム。奥に見えるのが醸造所8タップを完備したタップルーム。奥に見えるのが醸造所

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、醸造設備の到着遅れがあったためビールの製造が遅れていましたが、オープンから6ヵ月が経った今、上写真奥に見える醸造所内で、発売に向けての試験醸造が行なわれています。

代表の藤原敬弘さん。佐渡と新潟市での二拠点生活をしながらビールを醸造代表の藤原敬弘さん。佐渡と新潟市での二拠点生活をしながらビールを醸造

「今まさに第1号となるビールのレシピを固めようという段階で試行錯誤をしまくっています。最初が肝心だと思うので、とにかくおいしいビールになるように慎重に試験醸造を重ねています」と話すのは代表の藤原さんです。
ブルワリーがあるのは日本酒の酒蔵である天領盃酒造の敷地内。仕込みには天領盃酒造の酒と同じ井戸水を使い、第1号はタイプの異なる2種類のIPA(インディア・ペールエール)から販売をスタートすることになりそうです。

「週末にはタップルームで県内外から仕入れたさまざまなクラフトビールを出しています。リピーターの方も増えていますし、“完成を待っているよ”という声もいただいています。まだ始まったばかりですが、佐渡にクラフトビールのカルチャーが浸透しているように感じています。だからこそ、早くオリジナルのビールを届けたいですし、“また飲みたい”と思ってもらえる一杯を提供したいです」と藤原さん。

間もなく島内の飲食店での提供からスタートし、缶での一般販売は4月からになりそうです。佐渡で初となる“離島クラフトビール”の完成を期待して待ちましょう。

DATA

t0ki brewery(トキブルワリー)
住所
佐渡市加茂歌代458
電話番号
050-3311-1010
営業時間
16:00~20:00(土日祝12:00~20:00)
休み
月~木曜定休
駐車場
10台(共有)
リンク

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。