ニュース

キリンビール横浜工場 2年ぶり 見学再開

3種類の「一番搾り」を試飲できる

3種類のビール試飲も

 鶴見区生麦にあるキリンビール横浜工場が、新型コロナウイルスの影響で2020年から休止していた工場見学を4月14日から再開した。再開にあたり、リアルとオンラインを融合させるなど、リニューアルも行った。

3種類の「一番搾り」を試飲できる3種類の「一番搾り」を試飲できる

工場直送のビールを試飲できることなどから、多い時で年間16万人が訪れた人気の工場見学。製造工程の見学のほか、シアターでは同社の歴史を臨場感あふれる映像で学ぶことができ、麦芽の試食やホップの香り体験、麦汁比較試飲など、これまで以上に五感で楽しめる内容となっている。

見学最後のテイスティングでは、「ブルワリードラフトマスター」が注ぐ3種類の「一番搾り」を試飲。セミナー形式でそれぞれの味や香りの違いを体験できる。ほかにも、特製グラスのプレゼントや見学者のみがアクセスできる限定コンテンツ動画も公開。

所要時間は約90分で、感染予防のため1日5回限定、1回10人以下。参加費1人500円(19歳以下無料)。予約は当面の間、電話受付のみ【電話】045・503・8250(午前9時45分〜午後4時30分/月曜休館)。

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。