ニュース

キリン「高単価ビール苦戦」で早くも迎えた正念場

キリンビールが満を持して発売したクラフトビール「スプリングバレー」(写真:キリンホールディングス提供)

初年度目標割れでプレミアム化戦略に黄信号

キリンビールが満を持して発売したクラフトビール「スプリングバレー」が、発売1年余りで正念場を迎えている。

「ビール市場の再成長にクラフトビールは欠かせない」

同社の堀口英樹社長は2022年1月、クラフトビールの果たすべき役割についてこう力説した。しかし、発売初年度となる2021年は販売目標数量を割り込み、2022年上半期(1~6月)の販売数量も前年割れが続いている。

キリンビールが満を持して発売したクラフトビール「スプリングバレー」(写真:キリンホールディングス提供)キリンビールが満を持して発売したクラフトビール「スプリングバレー」(写真:キリンホールディングス提供)

続きを読む

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。