ニュース

上野の商店会と東大生が連携しホップ栽培、地ビール「不忍エールエール」に香り付け

上野の商店会と東大生が連携しホップ栽培、地ビール「不忍エールエール」に香り付け

東京・上野の不忍池が見える雑居ビルの屋上で、商店会と東大生が連携し、ビールの原料となるホップの栽培を行っている。

27日には、ホップの収穫体験会を開き、商店会で製造している地ビール「不忍エールエール」の香り付けに使用する。地ビールは25日に不忍池の水上音楽堂で開催される、光と音楽の複合アートライブ「Peace of Light(ピースオブライト)」でも販売をする予定だ。

続きを読む

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。