ニュース

ヤッホー、軽井沢産生ホップ使ったクラフトビール

日本経済新聞

クラフトビール大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は、軽井沢町内で2022年に収穫した生のホップを使ったクラフトビール「軽井沢ビール クラフトザウルス フレッシュホップエール2022」を発売した。

ホップはかんきつ系の香りが特徴の「カスケード」という品種で、みずみずしい味わいのビールに仕上げたという。これまでも軽井沢町産のホップを使ったビールを製造してきたが、缶入り製品として販売するのは初めて。

350ミリリットル入りで、希望小売価格は355円。同社の公式通販サイトで会員向けに販売を始めた。軽井沢町や長野県御代田町の一部小売店でも7日から販売する。

生ホップの香りや味わいが楽しめる生ホップの香りや味わいが楽しめる

続きを読む

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。