ニュース

〈街角から〉クラフトビールに魅せられて 長野・北石堂町「山の間ブルワリー&クラフトビアパブ」

山の間の店内。客席から、発酵や貯蔵に使うタンクなどの設備を眺めることができる

■街を元気に…膨らむ夢

JR長野駅善光寺口に近い通称「二線路通り」。道沿いに立つ和風の外観の店舗をのぞいてみると、銀色の醸造タンクが並んでいるのが目に入った。

山の間の店内。客席から、発酵や貯蔵に使うタンクなどの設備を眺めることができる山の間の店内。客席から、発酵や貯蔵に使うタンクなどの設備を眺めることができる

長野市北石堂町の「山の間ブルワリー&クラフトビアパブ」。居酒屋だった建物を改装し、昨年9月にオープンした。山の間に挟まれた善光寺平―から着想した店の名前。店主の小山一夫さん(62)は「多くの人が気軽に立ち寄り、安心して癒やされる場になってほしい」と願う。

東信地方の自動車部品メーカーに勤務していた1995年から約10年間、米国オハイオ州に赴任。米国の20州以上を仕事や旅行で訪れ、各地でクラフトビールと出会った。日本で主流のピルスナータイプとは違い、それぞれ香りや味わいに個性があった。「こんなに違う楽しみ方があるのか」と、その魅力のとりこになった。

その後、再度の米国勤務を経て、2018年、新潟県聖籠町に転勤。店舗をかねた小さな醸造施設でビールを製造している「沼垂ビール」(新潟市)を知った。「大がかりなことをしなくても、クラフトビールを造れるかも」。そう考えた。

ちょうど、定年退職後のことも考えるタイミング。故郷の長野市に戻り、何かを始めたい気持ちもあった。興味があったクラフトビールを手がけようと決めてからは、平日は仕事、週末は沼垂ビールで醸造を学ぶ日々。雑菌を防ぐ設備洗浄の重要さや、麦汁をつくる際の時間、温度管理など、地道な工程を一から経験し、覚えた。

店内の設備では今、3種類のビールを醸造している。麦芽に米を加えてまろやかに仕上げた「ライスヴァイツェン」やライ麦のスパイシーさを感じる「ライペールエール」、燻製した麦芽を使った「ラオホエール」だ。提供するサラダ、ニラせんべいなどの料理は地元産の食材にこだわる。通りがかりに気になって入って来る人からクラフトビール通まで、客もさまざまだ。

今後は市内の果物を使ったフルーツビールに挑戦したいとも考えている。「長野を元気にしたい」「お客さんにおいしいと思ってもらい、クラフトビールの楽しさを知ってほしい」…。小山さんの夢は膨らみ続けている。(鳥居哲弥)

注ぎ口からクラフトビールを注ぐ小山さん注ぎ口からクラフトビールを注ぐ小山さん

 

ABOUT ME
クラフトビール編集部
クラフトビールを愛するすべての方へ、最新情報をお届けします。